飲食必見の食品通販を行う場合に必要な許可と資格って?

許可や資格を入手してから実行

低コストでお店を経営する

片方だけでは、ネットで食品を販売することができません。 資格と許可の2つを必ず用意してください、 資格を獲得するまでに時間が掛かるかもしれないので、早めに行動しましょう。 勉強が必要ですが、真面目に勉強すれば誰でも資格を入手できます。 一生懸命取り組みましょう。

資格と許可の2つが必要

お店を経営したいけれど、費用が少ないという人が見られます。
そのような問題点を、ネット販売ならクリアできるので方法を調べてください。
ネット販売は実店舗がいらないので、費用削減が可能になります。
食品を販売するのであれば食品衛生責任者の資格と、食品衛生法に基づく営業許可が必要になります。
どちらか1つではいけません。
両方が必要なので、早めに用意しておくことをおすすめします。
特に資格は、勉強しなければ獲得できません。

また、どのような食品を販売するのかによって必要な許可が変わります。
カルシウム強化やダイエット食品など、健康食品を販売したい人がいるでしょう。
しかし健康食品は、食品の資格や許可だけでは扱えないと覚えておきましょう。
医薬品に関する許可を獲得してから売ってください。
申請する際は、自分が安全な人間だとアピールすることが大きなポイントです。
怪しい人間だと思われたら、申請して許可が下りません。

酒類は特に必要な資格がありません。
ただ酒類の販売業免許が必要になります。
アルコール度数が1を超えた商品は全て酒として扱われるので、この許可が必要です。
みりんなども酒に含まれるので注意しましょう。
しかし酒が使われているお菓子を販売する場合は、普通の食品の許可で良いと言われています。
許可を持って販売しないと、警察に捕まってしまうかもしれません。
事前にきちんと必要な許可と資格を調べて、安全に経営してください。

どんな食品を扱うのか

食品といっても、様々な種類があります。 扱いたい食品によって、許可が変わると覚えておきましょう。 健康食品を扱う際は、医療系の許可が必要になります。 栄養を強化している食品やダイエット食品は、全て健康食品に含まれます。 種類に注意して申請しましょう。

特殊な許可が必要になる

酒類も、専用の許可が必要になります。 まずは何が酒に含まれるのか知りましょう。 少しでもアルコールが含まれているものは、酒に分類されます。 調味料にも酒が使われているものがあるので、気を付けなければいけません。 酒類だけを販売するなら、資格は特に必要ありません。

TOPへ戻る