飲食必見の食品通販を行う場合に必要な許可と資格って?

許可や資格を入手してから実行

>

どんな食品を扱うのか

許可の種類が変わるパターン

健康食品も、食品衛生責任者の資格が必要です。
しかし許可は、医薬品医療機器等法に基づく営業許可に変わると覚えておきましょう。
健康食品は、人の身体に関わるものです。
ですから医療系の知識を持っている人や、信頼できる人でないと扱えないと思ってください。
見た目はお菓子でも、栄養補助食品は医薬品医療機器等法に基づく営業許可が必要になります。

健康食品と知らないで販売することも大きな問題なので、自分が扱いたい食品の種類を詳しく確認しましょう。
パッケージにこの栄養を強化していると記載されている場合は、健康食品です。
何を扱うか決めていないと、自分が得るべき資格や許可がわかりません。
ダラダラと悩んでいると、時間が無駄に経過します。

信頼性をアピールしよう

許可を申請する時は、どのようなお店を経営したいのか伝えてください。
またこれまでの経歴なども、書類に記入して提出しなければいけません。
必要な書類が揃っていないと、怪しいと思われて許可されないことが多いです。
書類が全部あっても、怪しい経営をする人は許可されません。
具体的に、経営したいお店の情報を伝えることがコツです。

情報をたくさん提供すると、信頼してくれるので無事に許可を得られるでしょう。
特に健康に関係する許可なので、申請してから結果がわかるまで期間が長いです。
書類を記入する際は、丁寧に書いてください。
汚い字では、それだけで信頼性を失ってしまいます。
字に自信がない人でも、ゆっくり書けば大丈夫です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る